2018.11.06

在宅医療推進フォーラムに参加してきました。(新地店T.O)

11月4日の日曜日に岡山県医師会館、三木記念ホールにて開催された、
在宅医療推進フォーラム「みんなで考える在宅医療」に参加してきました。


全国在宅医療支援診療所会長、新田 國夫先生による「在宅医療の将来像」と題した
特別講演があり、地域医療は「治す」から「支える」への転換が求められているという考え方に
はすごく納得させられ、その転換はなるべく早く行われなければならないとも思いました。

また、他職種連携をテーマとしたシンポジウムと、そのシンポジストの方々による
パネルディスカッションも行なわれました。

その中で、連携のための連携になってはいけない、患者さんや地域のための連携ということを
もう一度考えるべきという言葉にハッとさせられたり、
1人1人でトレーニングを行うよりも、トレーニングはあまりできていないが、社会参加を
している方の方が健康寿命が長いといったデータがあるということを知り、
患者さん個人個人の生き方やしたい事を尊重する、もしくは実現するために
努力をするということの方が、健康寿命を延ばすには有用かもしれないと
思ったり、学びの多い1日となりました。


シンポジウム「在宅医療における多職種連携」
座長:岡山県医師会 理事 大橋 基先生

シンポジストの先生方と演題は以下の通りです。

1)「新見市他職種連携協働モデル事業の取り組み」
   岡山県医師会 理事:太田 隆正先生
2)「地域全体をつなぐ訪問看護ステーションを目指して」
   岡山県訪問看護ステーション連絡協議会 理事:押田 有紀先生
3)「ケアマネジャーの立場から」
   岡山県介護支援専門員協会 理事:内藤 さやか先生(ひかり薬局 職員)
4)「他職種連携における歯科の役割と課題」 
   岡山県歯科医師会 公衆衛生部委員長:角谷 真一先生
5)「他職種連携における薬剤師の役割と課題」
   岡山県薬剤師会 地域包括ケア対策委員会副委員長

一覧へ戻る